『ミゼレーレ36』

『ミゼレーレ36』

 




こんばんは

本日の営業終了しました

今年の目標が「なるべく更新する事」ですから
記事を書くという癖を付けなくてはなりませんので
今日も記事を書くことにしました。


といっても、これは私にとって非常に苦手な作業ですので
短い文章でも映画を普通に観ることができる時間を要すわけです。

小学校の読書感想文なんかも、いちいち意味の無い段落を付けて
改行の連続でページを稼いだものでした。

まあ、大体やり直りという事になり国語の教師だった父親に
アドバイスを受けて、、、

というか全部書いてもらって提出していたあの頃を思い出します。



本題にはいります。

綯交は家具や雑貨などの古道具をメインに扱うお店ですが
お店の営業日以外の日は、結構真面目に古美術商として動いています。

作家物のお茶道具、着物、現代アート、絵画や古文書など
幅広く買取させていただいております。

片付けやお家の解体をご予定の方がいらっしゃいましたら
捨ててしまう前にお知らせいただければ伺って査定させていただきます。
                       (少しだけ宣伝)



その中から昨日買取させていただいた絵画のご紹介。

野獣派に分類される19世紀〜20世紀期のフランスの画家
ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault)の銅版画 1923年制作
『ミゼレーレ36』

独特の骨太な輪郭線が特徴的でルオーを象徴するような作品です。


保管環境の関係で店頭には置いてませんので
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



JUGEMテーマ:日記・一般

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

about us facebook contact





categories

archives

recent comment